清水建設/倉庫、生産施設の廊下床表面、仕上げ材料開発

2014年12月25日 

清水建設は12月24日、エービーシー建材研究所と共同開発した低価格導電性塗り床材料「ケミクリートEQ」を相次ぎ生産施設に適用し、所定の帯電防止性能を確認したと発表した。

ケミクリートEQは、床表面の仕上げ材料で、生産施設や研究施設、倉庫の廊下への適用を想定して開発したもの。

歩行などの動作による静電気の発生を抑制し、痛みを伴う静電気の放電現象から作業員を解放するとともに、静電気が製品の品質に与える影響を防止する。

低価格で適度な導電性能を備えていることが特徴で、高性能帯電防止塗り床材料の1/2以下の価格を実現した。

従来、工場の塗り床は、高性能帯電防止塗り床材料と、導電性能を持たない通常の塗り床材料のいずれかしかなく、ケミクリートEQのように低価格で適度な導電性能をもつ汎用型導電性塗り床材料の開発が求められていた。

適用第一号施設は放電精密加工研究所の新工場(愛知県小牧市)、第二号はJMエナジー山梨工場新量産工場。ケミクリートEQは、2014年4月からエービーシー商会が5400円/㎡で販売している。

最新ニュース

物流用語集