日本電気硝子/中国・南京市で板ガラスの加工会社設立

2014年12月25日 

日本電気硝子は12月24日、中国南京経済技術開発区との間で、薄型パネルディスプレイ(FPD)用板ガラスの加工と販売事業に関する投資建設協議書を締結し、100%出資の電気硝子(南京)を設立すると発表した。

中国でのFPD用板ガラスの需要拡大に対応するために、2015年後半には厦門市で溶融・成形事業で電気硝子(厦門)を立ち上げ、溶融からの一貫生産体制を構築する。

■概要
社名:電気硝子(南京)
所在地:中華人民共和国江蘇省南京市
事業内容:FPD用板ガラスの加工と販売
登録資本:約18億円
設立時期:2015年3月ごろ
設備投資:約50億円(転用設備を含む)
操業開始時期:2016年第2四半期中(予定)
事業見通し:2017年度売上見込み約130億円

最新ニュース

物流用語集