商船三井/インド・リライアンス社と液化エタン長期海上輸送契約を締結

2014年12月25日 

商船三井は12月25日、インド・リライアンス・インダストリーズとの間で、米国出しインド向けの液化エタン輸送プロジェクトに関する戦略的提携を結ぶことで合意したと発表した。

日本の海運会社として初めて、本格的な液化エタン輸送に参入する。

この輸送には、韓国・三星重工業で建造される世界初の8万7000立方メートル型大型エタン専用船(VLEC)を投入。商船三井は、この合意に基づき、2016年末より順次竣工を予定するVLEC6隻の建造を監督し、竣工後は長期契約のもと船舶管理と運航を行う。

液化エタンの大量輸送は世界的にみても新しい取り組みであり、貨物とVLECの特性上、LNG船とLPG船双方での知見が求められる。商船三井は両分野での豊富な経験から得られたノウハウを生かし、世界初となる大型エタン専用船による輸送事業に参入する。

最新ニュース

物流用語集