DHL/被災地で「サンタが100人やってきた!」プロジェクトをサポート

2014年12月24日 

DHLは12月24日、岩手県沿岸部の被災者を支援する特定非営利活動法人遠野まごころネットが実施している「サンタが100人やってきた!」プロジェクトへの寄付と、輸送用梱包資材を無償供与したと発表した。

<DHLが無償供与したダンボールを活用してプレゼントを配布するボランティアサンタ>
DHLが無償供与したダンボールを活用してプレゼントを配布するボランティアサンタ

支援金はドイツポストDHLの「リビングレスポンシビリテ(Living Responsibility)基金」からの4000ユーロ(約56万円)で、DHLジャパンがこのプロジェクトを支援するのは4年目となる。

DHLからの寄付金は、地元商店でのプレゼント購入費のほか、ボランティアのサンタクロースの移動バス運行費、お菓子の一時保管や配送関係の経費などに充てられ、また、無償で提供した輸送用梱包資材はプレゼントやお菓子の輸送に活用された。

また、DHLはプロジェクトのお菓子や輸送手段を岩手県の商品問屋や運送会社から調達することで地域の商業復興を支援する手法にも賛同している。

「サンタが100人やってきた!」プロジェクトは、2011年に震災後初めてクリスマスを迎える被災地の人々に、ボランティアのサンタクロースがお菓子のプレゼントを配り、子どもたち、そして大人たちが少しでも笑顔になれるようにと遠野まごころネットが企画したもの。

東日本大震災発生から約4年が経つ今では、被災地の状況も変わり、より長期的な支援を必要とする段階に入っており、今回のプロジェクトは、プレゼントの配布を契機とした地元の人々同志やボランティアとの交流促進に主眼が置かれた。

最新ニュース

物流用語集