SBSロジコム/横浜杉田物流センター、建設に着手

2014年12月24日 

SBSロジコムは12月24日、神奈川県横浜市磯子区杉田5丁目の土地約5000坪に開発計画中の「横浜杉田物流センター(仮称)」の地鎮祭を執り行い、建設工事に着手したと発表した。

<横浜杉田物流センター(仮称)>
横浜杉田物流センター(仮称)

竣工は2016年1月を予定している。

この用地は、横浜市の公募型指名競争入札で2013年10月に取得したもの。国道・高速、横浜港のふ頭に隣接し、最寄り駅からも至近距離であるなど、国際物流拠点として好立地。

交通アクセスは根岸線・金沢シーサイドライン新杉田駅から徒歩約5分(700m)、首都高速湾岸線 新杉田出口より約2分(450m)。道路付けやトラックバース、フロア設計などに物流と施設開発のノウハウをフルに発揮した高機能物流センターとなる予定だ。

また、LED照明、太陽光発電パネル設置など環境にやさしい物流施設、耐震構造の採用、非常用発電機の設置など災害につよい物流施設としている。照明はオールLED。蛍光灯・水銀灯に比べランニングコストを大幅ダウンしている。

■施設概要
物件名:横浜杉田物流センター(仮称)
所在地:横浜市磯子区杉田5
敷地面積:5188坪
延床面積:1万1575坪
構造:FSRPC造、地上4階
仕様:1、3階接車バース
床荷重:2.5t/㎡(1f)、1.5t/㎡(2-4f)
梁下有効高:5.5m

■横浜杉田物流センター(仮称)
http://www.sbs-logicom.co.jp/lgc/yokohama-sugita/

最新ニュース

物流用語集