インフォア/第2四半期のライセンス収入2桁成長

2014年12月24日 

インフォアは12月12日(米国時間)に開催した金融機関向け四半期業績報告会で、2015会計年度第2四半期のソフトウェア ライセンスとサブスクリプションの収益が、2014会計年度第2四半期(修正後)と比較して、実際の為替変動ベースで15%増加したと発表した。

非GAAPベースの第2四半期のライセンスとサブスクリプションの収益は、堅調なライセンス販売と、サブスクリプション受注の3桁アップというSaaSビジネスの好調な成長により14%(為替変動の影響を除くと16%)増加した。

売上高営業利益率は17%、金利・税金・償却前利益率(修正後)は28%となり、第2四半期の堅調な成長をさらに押し上げた。今四半期中にインフォアは、764社の新規顧客を獲得した。

2015年会計年度当初から現時点までのソフトウェアライセンスとサブスクリプション収益は19%増加し、非GAAPベースでは18%増加し、クラウド受注は200%以上増加した。販売効率は、会計年度当初から32%上昇している。

2015年上半期中にインフォアが研究開発に投じた金額は、前年上半期と比べて2桁増加しており、イノベーションへの継続的な投資を表している。

インフォアは、過去3年間に400以上の新製品と1万6000以上の機能拡張をリリースしてきた。インフォアは、約4000人の開発者を抱え、ビジネスアプリケーションにフォーカスした世界最大規模のエンジニアリング組織を有している。

最新ニュース

物流用語集