常石造船/共同開発した舶用外付け「補機熱回収ユニット」特許取得

2014年12月22日 

三浦工業と常石造船は12月22日、2013年に共同開発した船舶業界初となる外付け「補機熱回収ユニット」に関する2種類の技術特許を取得したと発表した。

<補機熱回収ユニット>
補機熱回収ユニット

補機熱回収ユニットは船内に設置された発電機の排熱を再利用することを目的に、熱源として回収する装置で、主機用ボイラを通じて熱エネルギーに変換し、主機用ボイラの燃料使用量を従来より12%から25%削減する。

特許を取得したのは、発電機の排ガスと主機用ボイラの水との熱交換に関する技術で、煙管方式と水管方式の2種類。

煙管方式は、補機熱回収ユニットの中に主機用ボイラの水を取り込み、ユニットの中を通るパイプを伝熱管として高温の排ガスを通し、熱を回収するタイプ。

水管方式は、ユニットの中を高温の排ガスで満たし、主機用ボイラから複数のパイプを伝熱管として引き込み、水を通して熱回収するタイプ。

両方とも水位調整は自然循環式で、シンプルな構造で、補機熱回収ユニットの開発段階において、両方の方式で効果が見込めることから2種類の特許を申請していた。

最新ニュース

物流用語集