インフォアジャパン/自動車業界向けのSaaS型クラウドERP発売

2014年12月19日 

インフォアジャパンは12月19日、自動車業界向けのSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」を日本市場で提供開始する。
 
Infor CloudSuite Automotiveは10月15日に順次国内提供を開始すると発表した、複数のアプリケーションを業界別に統合し、深い専門知識に基づいた使いやすい機能を提供するSaaS型ERP“ソリューションスイート”の第一弾。

自動車業界向けの豊富な機能を使いやすいUIで統合することで、自動車業界特有のニーズに対応できるようカスタム化されたソリューションを、サーバーやハードウェアを必要とせず導入期間も短縮可能なクラウド上で提供する。

既に提供を開始している海外での事例では、オンプレミスでの導入と比べ最大4分の1まで短縮された実績がある。Infor CloudSuite Automotiveは、アマゾン ウェブ サービス (AWS)上で展開し、IT初期投資を大幅に削減できるサブスクリプションモデル(一定期間に定額でいくらでもデータを購入できる販売方式)で提供する。

Infor CloudSuite Automotiveは、OEMと有力サプライヤーが、需要・供給・納期情報などの各データを共用できる機能を備え、納期を短縮し、対応力の向上を実現する。財務情報やエンドユーザーのビジネスの主要指標の分析を可能とする、自動車業界に特化したアナリティクス機能も提供する。

また、特定目的向けミドルウェアInfor ION、および、顧客とサプライヤー間の社内外のコミュニケーションを支援するソーシャル・コラボレーション・エンジンInfor Ming.leTMを活用することでいつどこにいてもリアルタイムなデータ活用をできるようになり、ビジネスのグローバル化を支援する。Infor CloudSuite Automotiveは、リモートでのアプリケーションの起動も可能で、今後さらに新しいパートナー、サプライヤー、ジョイント・ベンチャーへのアクセスを提供していくとしている。

Infor CloudSuite Automotiveは、1ユーザーあたり月額約2万円(税別)で提供する。

なお、インフォアジャパンでは、Infor CloudSuite AutomotiveをはじめとするクラウドERPを提供開始することで、2015年度から2016年度にかけて全売上でのクラウド関連の売上を25%とすることを目標としている。

Infor CloudSuite Automotiveについては、主に新たに海外拠点を設立する国内自動車製造業をターゲットに2年後までに30社への導入を目標としている。

■Infor CloudSuite Automotive
http://www.infor.jp/cloud/cloudsuite-automotive/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集