日通/航空貨物でシンガポール競争委員会から制裁金、1億8600万円

2014年12月17日 

日本通運は12月16日、国際航空貨物運送に係るシンガポール競争法違反により、シンガポール競争委員会(CCS)から207万2386シンガポールドル(約1億8600万円)の制裁金の支払を命ずる決定通知を受領したことから、現段階で判明している事実関係を公表した。

それによると、日通は2009年3月、公正取引委員会から排除措置命令及び課徴金納付命令を受けた案件について、2012年12月よりCCSからシンガポール競争法に抵触する疑いがあるとして調査を受けていた。

CCSは、2014年12月11日、日本発シンガポール向けの国際航空貨物の取引に関し、日通がシンガポール競争法に違反していたと判断し、日通を含む10社に対して制裁金の支払を命ずる決定を下したもの。

日通はCCSが違反行為と判断した事実を重く受け止め、受理した書面の内容を精査したうえで、今後の対応を決定していくとしている。

また、同社は独占禁止法を含む関連諸法規の遵守を定めたコンプライアンス体制を整備しているが、今後も、再発防止に向け体制の一層の充実・強化に取り組んでいくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集