アスプローバ/サプライチェーンプランナー「Asprova SCP」新バージョン

2014年12月16日 

アスプローバは12月15日、生産スケジューラ「Asprova APS」、サプライチェーンプランナー「Asprova SCP」の新バージョンであるAsprova APS Ver.12.0.1 とAsprova SCP Ver.12.0.1 (Asprova Ver.12.0.1)をリリースした。

Asprova Ver.12.0.1ではメニューなどの表示言語をアスプローバのダウンロードサーバからいつでも取得できる機能が追加されている。

これにより、グローバルな言語環境の構築が容易にできるようになった。Asprovaは9つの言語に対応しているが、現時点では英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ドイツ語、タイ語がダウンロード可能。

新しい言語を翻訳することも容易になっている。例えば、英語からインドネシア語、日本語からインドネシア語などの翻訳が自由にできるようになっている。

ユーザニーズに応え、「付箋のデータチップ表示機能」「カレンダダイアログ機能」「資源ガントチャート上での稼働時間」、「カレンダの資源量」、「負荷量の表示機能」、「大量データ時のレスポンス高速化」、「計画パラメタのXMLファイルによるインポート&エクスポート機能の強化」、「オートメーションクライアントによるAsprovaの並列起動」、「内部関数の追加」、「Windows Server 2012 R2対応」、「e-プロテクタのVMware ESXi 5.1対応」などの機能がある。

最新ニュース