鴻池運輸/中国・江蘇省で最新の定温物流センター稼働

2014年12月04日 

鴻池運輸は12月4日、中国現地法人の鴻池亜細亜物流(江蘇)により、中国江蘇省常熟市に最新鋭物流センター「「常熟定温物流センター」が竣工、稼働したと発表した。

<センター外観>
センター外観

敷地面積約14,000㎡、鉄骨平屋建て、倉庫面積約8,600㎡の規模で、保管能力は8500パレット。

<内部>
内部

18度での中温度帯管理、加圧式による防塵対策や高速シートシャッターを兼ね備えた高機能倉庫。

外観

防塵対策など繊細な取り扱いが必要なフッ素化学製品、ファインケミカル製品、エンプラ樹脂、電子部品などハイテク商品の保管が可能で、化学品・医薬品・自動車関連・半導体製品を取り扱う計画だ。

保管だけでなく自社トラックで上海・蘇州までをカバーする配送機能も備えるとともに、上海市まで車で1時間、蘇州市、無錫市まで30分で到達できる立地にあり、沿海部と内陸を結ぶ中継地点・配送拠点として利便性が高い。

常熟市は、長江デルタ地域の中心部にあり、沿江高速道路と沿海高速道路が交わる場所で、化学品・医薬品・自動車関連・半導体産業といった新産業が集中する中国で注目される上海経済圏の中核都市。

中国国内で製造する製品の高付加価値化がさらに進むことで高まることが予想される新産業の物流需要に対応する。

今後、上海、香港、青島など中国にあるグループ8拠点(海外法人5社、駐在員事務所3事務所)と連携し、中国における物流ネットワークのより一層の充実を目指す。

■鴻池亜細亜物流(江蘇)
住所:中国江蘇省常熟市新材料産業園海天路9号
代表者:大和田 岩三
設立:2012年8月3日
従業員数:30名(日本人3名、現地スタッフ27名)
資本金:1,250万米ドル
事業内容:倉庫業、道路運送業、フォワーディング、NVOCC業務

最新ニュース