商船三井/石炭船「相馬丸」、環境性能が評価され受賞

2014年12月04日 

商船三井は12月4日、運航する東北電力向け石炭専用船「SOMA MARU(相馬丸)」が、11月17日にオランダ・ロッテルダムで開催された“IBJ Award 2014”で、Bulk Ship of the Yearを受賞した。

<SOMA MARU(相馬丸)>
SOMA MARU(相馬丸)

SOMA MARUは、商船三井がサノヤス造船と共同開発した安全・省エネ仕様を採用した最新鋭の幅広浅喫水船型で、その汎用性並びに環境性能が評価され受賞となった。

<授賞式の様子>
授賞式の様子

“IBJ Award”は、英海事メディアのInternational Bulk Journal(IBJ)社が主催し、世界のドライバルク船業界への優れた貢献を行った企業・団体等を分野毎に表彰する式典で、今年が7回目となる。

■SOMA MARU(相馬丸)概要
全長:235.0m
全幅:43.0m
型深:20.0m
載貨重量:9万1094トン

最新ニュース