井本商運/神戸港ポートアイランドの内航ターミナルが移転

2014年11月21日 

井本商運は11月21日、神戸港ポートアイランドの内航ターミナルをPI-LバースからPI-Mバースに移転し、12月1日から業務を継続すると発表した。

PI-Mバースは外貿コンテナターミナルPC-17の南側に隣接しているため、外航船への効率的な積替え輸送が実現する。

神戸港内で内航船が複数バース寄港を余儀なくされている状況も改善されると同時に、バース混みによる滞船も緩和し、荷主や外航船社に対するサービス改善が図れることから、神戸港としての集荷競争力のアップが期待出来るとしている。

同社は、国土交通省の推進する国際コンテナ戦略港湾政策に沿って、「国際基幹航路の我が国への寄港の維持・拡大」を目的とした広域からの集荷を推進するためにフィーダー網の強化に、取り組んでいる。

この政策では、その一環として外内貿連続バースの一体的運営を促進する為、内航船から外貿ターミナルへの積替機能強化をめざした実証事業を検討中であり、PI-Mバースへの移転は、モデルケースとなることが期待されるとしている。

2013年11月には総トン数2400トン、400TEU積のコンテナ専用船「さがみ」を投入するなど一層の大型化を進め、更に2016年1月には540TEU型の球状船首船を投入する予定。今後も国際コンテナ戦略港湾政策に沿ってコンテナ単位あたりのコスト引き下げによる輸送力強化を目指しており、今回のバース移転によるメリットとの相乗効果を追求していく方針だ。

<PI-Lターミナル(現)とPI-Mターミナル(新)周辺図>
PI-Lターミナル(現)とPI-Mターミナル(新)周辺図

■PI-M(新)の仕様
移転時期:12月1日
岸壁延長:120m
ヤード面積:約1万㎡
機器類:ガントリークレーン 1基、トラクターヘッド・シャーシ 3台、トップリフター 1台、リーチスタッカー 1台

最新ニュース

物流用語集