佐川急便/電話応対コンクール全国大会で優勝

2014年11月17日 

佐川急便は11月17日、石川県金沢市で開催された日本電信電話ユーザ協会主催の「電話応対コンクール全国大会」で、佐川急便の中部サポートセンター所属の東島和美選手(愛知代表)が優勝した。

<優勝した東島選手>
東島選手

<受賞者>
受賞者

佐川急便では9年ぶり2度目。7名の選手が優秀賞を獲得した。

大会には、全国各都道府県大会に出場した1万3362人の中から選ばれた代表60人が出場。「伝統工芸品販売会社の販売課営業担当」として、顧客からの「注文明細書の誤り」に関する問い合わせに対して事情の説明と希望通りの商品への案内を行うことで、不安感と不信感を和らげ、改めて商品を購入していただく、という設定で応対に臨んだ。

佐川急便では、電話応対での品質向上の一環としてこのコンクールへ積極的に参加している。コンクール参加によって得た経験や知識を日々の業務に活かすなど、顧客満足度の向上を図りながら、顧客に安心して利用してもらえるサービス品質の提供に努めているとしている。

最新ニュース

物流用語集