佐川がん研究振興財団/がん研究助成15件

2014年11月17日 

佐川がん研究振興財団は11月17日、2014年度の「第26回佐川がん研究助成」の対象とする研究と「第12回 佐川特別賞・佐川看護特別賞」の受賞者を発表した。

<授与式>
20141117sagawagan

全国の研究機関から応募があった総数214件の中から、山口大学時間学研究所教授の明石真氏による「昼夜交替労働による発がんリスクの検証と改善スケジュールの検討」をはじめとする15件に、それぞれ100万円(総額1500万円)の助成を決めた。

「佐川特別賞」と「佐川看護特別賞」はがんの研究と看護の発展に顕著な功績を挙げ、今後の発展が期待される人に対し贈られる賞。

今年度の「佐川特別賞」は、京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学(病理学第二講座) 教授の小川誠司氏と、国立病院機構名古屋医療センター 院長の直江知樹氏の2人に、「佐川看護特別賞」は、在宅ケア移行支援研究所宇都宮宏子オフィス代表・聖路加国際大学臨床教授の宇都宮宏子氏と京都府立医科大学附属病院 副看護師長の菅谷和子氏の2人に決定した。

「佐川特別賞」受賞者に対しては、賞金500万円とあわせ栗和田賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「希望」が、「佐川看護特別賞」受賞者に対しては、賞金100万円とあわせ栗和田賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「悠」がそれぞれに贈られた。

最新ニュース

物流用語集