兵機海運/4~9月の売上高1.4%増、営業利益81.1%増

2014年11月13日 

兵機海運が11月13日に発表した2015年3月期の第2四半期決算によると、売上高69億7300万円(前年同期比1.4%増)、営業利益1億3500万円(81.1%増)、経常利益1億900万円(119.7%増)、当期利益3000万円(50.6%減)となった。

内航事業の売上高は31億6200万円(2.5%減)、営業利益1億4800百万円(10.9%増)となった。

外航事業の売上高は6億7800万円(31.6%増)、営業損失5100万円(前年同期は1億4200万円の営業損失)となった。

港運事業の売上高は25億1700万円(0.6%減)、営業利益4700万円(47.6%減)と大幅な減益となった。

倉庫事業の売上高は6億1300万円(5.6%増)と増収になったが、一方では、国内物流費のコストアップと管理経費の増加を賄いきれず、営業損失900万円(前年同期は600万円の営業損失)と減益になった。

通期は、売上高142億円(1.5%増)、営業利益2億5000万円(18.9%増)、経常利益2億円(33.2%増)、当期利益1億2000万円(-)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集