ヤマト運輸/アマゾンの商品をヤマト運輸営業所で受取

2014年11月13日 

ヤマト運輸は11月13日、提供する「宅急便受取場所選択サービス」を総合オンラインストアAmazonocojp(Amazon)が採用し、11月13日からAmazonoco.jpでの購入時にヤマト運輸の営業所を指定し、商品を受け取ることができるようになったと発表した。

Amazonが「宅急便受取場所選択サービス」を採用することで、Amazonで注文した商品を従来のコンビニエンスストアに加え、ヤマト運輸の営業所約3000店舗でも受け取れるようになった。

営業所に商品到着後、Amazonから顧客にeメールで商品到着の案内がされるため、顧客は届くまでの時間を待つことなく、好きな時に好きな場所で受け取ることができる。

またAmazonの配送オプションである「当日お急ぎ便」を使い、注文した当日に商品を受け取れるのは、ヤマト運輸の営業所が初めてとなる。

営業時間は8:00~21:00で年中無休。付加料金は一切ない。来店時に顧客が持参するものは、本人確認証(運転免許証、健康保険証、パスポート、学生証等)とAmazonoco.jpからのメール本文(問い合わせ番号)。

利用方法はAmazonで注文する際、注文画面の届け先住所の選択で店舗検索を行い、検索結果から希望のヤマト運輸の営業所を受取場所として指定できる。

「宅急便受取場所選択サービス」は、通販事業者向けの販売支援サービス。

顧客がネット通販商品を注文した際、通販事業所のサイトとヤマト運輸のクロネコメンバーズサイトが連携し、荷物の受取場所としてコンビニエンスストアやヤマト運輸の営業所を選択することができる。受取場所の拠点数としては、ヤマト運輸の営業所を含め約2万5500か所まで拡大している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集