遠州トラック/4~9月の売上高1.3%減、営業利益45.1%減

2014年11月06日 

遠州トラックが11月6日に発表した2015年3月期第2四半期決算によると、売上高119億3100万円(前年同期比1.3%減)、営業利益2億2200万円(45.1%減)、経常利益1億9100万円(45.9%減)、当期利益1億100万円(54.2%減)となった。

グループでは、契約終了に伴い一部有力荷主との取引が縮小したことや天候不順の影響により飲料や家電等の夏物商品の取り扱いが伸び悩んだことなどが影響し、第2四半期連結累計期間の売上高は119億3100万円(1.3%減)となった。

利益面では、有力荷主との取引縮小の影響、燃料価格の高止まりや乗務員不足による輸送採算の低下、とりわけ傭車差益の悪化、近時新規に稼働したセンター業務の安定稼働化の遅れなどにより、営業利益は2億2200万円(45.1%減)、経常利益は1億9100万円(45.9%減)、四半期純利益は1億100万円(54.2%減)となった。

物流事業の売上高は118億5400万円(1.2%減)となった。その内訳は、輸送部門が75億4900万円(0.2%減)、倉庫部門が43億500万円(2.9%減)となった。

その他(不動産事業)は7600万円(6.0%減)となった。

通期は、売上高241億円(2.0%増)、営業利益9億7000万円(13.3%増)、経常利益8億6000万円(14.3%増)、当期利益4億7000万円(7.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集