国交省/鉄道貨物輸送の偏積対策に関する検討会

2014年10月28日 

国土交通省は10月27日、第2回「鉄道貨物輸送における偏積対策に関する検討会」を開催した。

議事は「JR貨物における安全対策の進捗状況について」、「利用運送事業者における偏積対策の取り組みについて」、「他モード貨物輸送における偏積対策について」の3点。

検討会では、JR貨物の対応に関し、重量計による重量バランス測定と輪重測定装置の技術開発の状況等、利用運送事業者の偏積対策の取り組みとして、全国通運連盟主催による研修会の実施と養生資材の導入等の対策の概要等、他モード貨物輸送での偏積対策として、国際海上コンテナの陸上での安全輸送ガイドラインとマニュアルについて、説明と質疑応答を行った。

主な意見には、重量計による測定等の対策は、コンテナ内の偏積の有無を確認する方法として効果があると認められる。

引き続き、偏積が発生し易い貨物の実態を把握し、この結果を情報共有し、適切な積付方への反映等の方策に活用していくことが重要。

偏積防止を含めた輸送品質向上の観点から、養生資材により積載貨物を固定する対策は有効であり、引き続き、養生資材の導入支援を図っていくことが重要である。コンテナ内に偏積が発見された場合の関係者間の連絡調整について、改めて確認することが必要などの意見が出た。

年内を目途に第3回の検討会を開催する予定。

最新ニュース