NTTロジスコ/物流センタ改善報告会を開催

2014年10月27日 

NTTロジスコは10月21日~22日の2日間、「物流センタ改善報告会」を開催した。

<改善報告会>
改善報告会

全国の物流センタや在庫管理室等から選抜された24チームが参加した。

1位は、八尾物流センタで、改善内容は標準作業の明確化と各作業員への落とし込み、作業レーンの見直しによるモノの流れの整流化、細かな作業手順の変更・統一によるムダの徹底排除等により生産性が約2割向上した。

2位は、埼玉物流センタで、改善内容は商品の集約やレイアウト変更、作業方法の統一と手順書への落とし込み等の改善を実施、また1箇所変更したらその都度全体を検証し、スムーズな仕事の流れが継続するよう努め、生産性が約2割向上した。

3位は堺物流センタ、4位は長野物流センタ、5位が札幌物流センタだった。

NTTロジスコでは、評価された改善手法を全社に水平展開していくとともに、TPSの手法をベースとした2S・改善活動をLGPS(Logisco Production System)として進化させ、改善活動をさらに推進していく、としている。

グループでは、サービス品質・生産性向上のため、日頃からTPS(トヨタ生産方式)の手法をベースとした2S・改善活動や日次収支管理、レイバーコントロール等の徹底に取り組んでおり、活動の成果を年に2回報告している。

最新ニュース