UPS/全世界での取扱量が6.9%増の11億個

2014年10月27日 

UPSは10月27日、2014年第3四半期の業績を発表した。

希薄化後1株当たり利益は1.32ドルで、対前年比13.8%増加した。3部門全てのバランスのとれた成長の結果として、営業利益は8.3%増加した。

米国国内の1日あたり取扱量は、BtoC(企業と消費者の取引)とBtoB(企業間取引)のいずれも顧客需要の高まりを受け、6.9%増加した。国際貨物の取扱量は、アジアと欧州の力強い成長により、9.4%増加した。当四半期の全世界での取扱量は11億個で、対前年比6.9%増加した。

米国国内小口貨物部門の売上高は対前年比5.3%増加して87億ドルとなった。

国際小口貨物部門の売上高は5.5%増の32億ドルとなり、1日あたり取扱量は6.7%増加した。

ディストリビューション事業とUPS Freight(北米の陸上混載・貸切輸送サービスを提供する事業体)の成長により、サプライチェーン/フレート部門の売上高は7.4%増加して24億ドルとなった。

最新ニュース

物流用語集