住友倉庫/シンガポール子会社が労働安全衛生マネジメント等認証

2014年10月23日 

住友倉庫は10月23日、シンガポールの子会社SWS社が、労働安全衛生マネジメントに関する国際規格OHSAS18001:2007の認証と同国での労働安全衛生規格の最上級資格であるbizSAFE (Level Star)の認定を受けたと発表した。

OHSAS18001は、英国規格協会の労働安全衛生マネジメントシステム規格BS8800を基に、日本、英国等の規格協会のほか、各国の審査登録機関を含めた多数の機関が参加するコンソーシアムにより1999 年に作成された国際規格(2007年改訂)。

事業所での労働者の安全衛生に関するリスクを洗い出し、対策を立案・実施するとともに、定期的な監査とシステムの見直しを実施する仕組みを規定している。

bizSAFE は、シンガポール政府が、事業所での労働安全基準を満たす企業を5段階で評価・認定する制度。

SWSは、2011年12月に同制度のLevel 4 の認定を受けたが、その後も安全衛生の向上に取組み、最上級資格であるLevel Star の認定を取得したもの。

■認証・認定の概要
OHSAS18001
認証資格:OHSAS18001:2007
認証機関:United Registrar of Systems
認証日:2014年8月5日
bizSAFE
認定資格:bizSAFE (Level Star)
認定機関:シンガポール職場安全衛生協議会
認定日:2014年8月25日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集