ヨコレイ/宮崎県に都城第二物流センター竣工

2014年10月16日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は10月16日、宮崎県都城市高木町の都城物流センター隣接地に「都城第二物流センター」を竣工したと発表した。

<都城第二物流センター>
都城第二物流センター

延床面積1.5万㎡、冷蔵収容能力1万8220t。年々高まってきている地域の多様な低温物流ニーズに最適な低温物流サービスで応えるとしている。

自然対流の長所を生かしつつ、微細な温度調節を可能にしたRD冷却方式を採用し、ハイブリッドデシカント陽圧式低温プラットホームを導入。地域の商品特性にマッチした設計。

施設屋上には460kWの太陽光発電システムを設置し、自社利用のほかに売電も行う。

BMS(Building Energy Management System)により、消費電力の「見える化」と「最適化」を実現。環境にも配慮した最新鋭の低温物流施設としている。

宮崎県南部は、農産品・畜産品の一大産地で、食料品メーカーや農業生産法人等も多数存在する食品供給の要衝。

■概要
名称:都城第二物流センター
所在地:宮崎県都城市高木町6122-8
敷地面積:8750㎡
延床面積:1万5611㎡
構造:鉄筋コンクリート造4階建(一部鉄骨造)
冷蔵収容能力
F級:1万4751t
C&F級:910t
C級:2559t
合計:1万8220t
主な設備:RD(リターンダクト)冷却方式、太陽光発電システム(460kW)、ハイブリッドデシカント陽圧式低温プラットホーム、オゾン殺菌・脱臭装置、全館LED照明

最新ニュース

物流用語集