ヨコレイ/メコン4か国視察団が物流センターを見学

2014年10月15日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は10月10日、日本アセアンセンター主催でメコン4か国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)の政府、民間関係者など総勢30名が、大阪市此花区の夢洲物流センターを見学した。

<屋上太陽光パネル説明の様子>
屋上太陽光パネル説明の様子

<荷捌場での様子>
荷捌場での様子

視察団は、最新の保管・流津島システムなどに係る知識・理解を深める人材育成プログラム実施のため、日本の最先端の食品流通施設見学。

夢洲物流センターは、ノンフロン冷凍装置やBEMSなどの先進技術を有しているため、各国の食品産業に係るインフラ整備やシステム構築時の参考とする施設のひとつに選ばれた。

参加者からは、数多くの質問や意見が交わされ、最新の物流施設や環境に配慮した設備などへの関心の高さを示していた。

夢洲物流センターは近畿圏の主要物流拠点として2014年7月から稼働。冷却設備には産業用省エネ型ノンフロン冷凍装置(NewTon)を導入。自然冷媒使用による環境に配慮した最新鋭の技術を駆使している。

施設屋上には業界最大規模となる630kWの太陽光発電システムを設置。自社利用のほかに、営業冷蔵庫初となる売電も行っている。

最新ニュース

物流用語集