商船三井/インドネシア沖で、LNG船が遭難者を救助

2014年10月08日 

商船三井は10月8日、運航・管理するLNG船“泉州丸”が6日、インドネシアのセレベス海で、遭難した漁船のインドネシア人乗組員3名を発見し、無事に救助したと発表した。

救助の経緯は、10月6日14時15分 (日本時間)、インドネシア ボンタン港から大阪泉北港に向けて航行中の“泉州丸”が、転覆・沈没した漁船のインドネシア人乗組員3名が漂流しているのを発見し、直ちに救助活動を開始。同日15時04分、遭難者3名を無事救助。10月7日12時00分、インドネシア当局に遭難者を引き渡した。

■泉州丸概要
全長:283m
総トン数:10万3022トン
乗組員:クロアチア人5名、インド人1名、ルーマニア人1名、インドネシア人26名
船籍:日本

最新ニュース