日本郵便/海外物流企業と資本・業務提携、国際宅配便サービス開始

2014年10月03日 

日本郵便は10月3日、仏のラ・ポストの物流子会社GeoPost(ジオポスト)と香港物流企業Lenton Group(レントングループ)との間で、資本・業務提携を行うことで9月26日に合意したと発表した。

従来の国際郵便や国際スピード郵便(EMS)サービスでは提供できなかった関税元払い等の付加価値サービスなどの機能を備え、安定した品質と低廉な価格で、簡単・確実に小口荷物をドア・ツー・ドアで届けることのできる海外向け国際宅配便サービスを今秋から開始する。

レントングループのグローバルな航空輸送ネットワーク、ジオポストの海外小包配達ネットワーク、日本郵便の日本全国にまたがるネットワークを結びつけることで、日本郵便は新たな成長戦略として、国際Eコマース向けに、高品質な国際宅配便サービスを目指す。

経験豊富な海外のパートナーとの提携等により、アジア市場への展開を中心に、国際物流事業を手掛ける総合物流事業者となり、アジアで確固たる地位を築くとしている。

なお、ジオポストは小包・エクスプレス事業でフランス1位、欧州2位のシェアを有する国際物流企業。レントングループはキャセイパシフィック航空等の航空輸送ネットワークを活用し、グローバルな輸送・配送サービスを提供する国際物流企業。

最新ニュース

物流用語集