商船三井/グループ会社が合併

2014年10月02日 

商船三井は10月1日、グループ会社のエム・オー・エル・マリンコンサルティング(MOLMC社)とMOLケーブルシップが合併した。

今後、「MOLマリン」として事業を継続・発展させていく。

<改装後の操船シミュレータ(イメージ図)>
改装後の操船シミュレータ(イメージ図)

MOLMC社が保有する2台の操船シミュレータのうち1台の改装が完了。自動船位保持装置(Dynamic Positioning System、「DPS」)機器を増設したほか、視界再現画面をさらに拡大した。

海洋事業のうち、FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)、FSRU(浮体式LNG貯蔵再ガス化設備)などの分野ではDPSを使った高い操船技術が求められる。

今回の改装により、さまざまな状況を想定したDPS搭載船の操船訓練が可能となり、“世界最高水準の安全運航”の実現に向けて寄与するとしている。

■新会社の概要
商号:MOLマリン
本社所在地:東京都港区海岸3-18-1
資本金:1億円(商船三井100%出資)
従業員数:77名
主たる事業内容:海洋事業に関するコンサルタント、船舶管理業

最新ニュース

物流用語集