ゼンリン/DM発送会社を15億円で譲受

2014年09月16日 

ゼンリンは9月16日、セブテー二・ダイレクトマーケティングの全株式を10月1日付で譲受すると発表した。

地図情報の新たな利活用やプロモーションを実現と事業基盤の強化を目的に子会社化する。

セブテー二・ダイレクトマーケティングは、ダイレクトメール発送代行、インシップ広告を中心に事業を展開し、企業から消費者へ直接アプローチする各種提案を行っている。

取得金額は15億2000万円で、譲受後、ゼンリンビズネクサスに社名変更する。

■セブテー二・ダイレクトマーケティングの概要(2013年9月30日現在)
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1
代表者:代表取締役社長八木沼修一
事業内容:DM発送代行事業、DMチラシ製作・印刷事業、インシップ事業、その他広告サービス事業
資本金1億円
設立年月日:2006年4月
株主:セブテー二・ホールディングス100%
2013年9月期の業績:売上高26億4700万円、営業利益1億2200万円、経常利益1億2300万円、当期利益7400万円

最新ニュース