三菱ふそうトラック・バス/キャンターをリコール

2014年09月11日 

三菱ふそうトラック・バスは9月11日、国土交通省にキャンターのリコールを届け出た。

不具合の部分は動力伝達装置(オイルクーラーホース)、燃料装置(燃料ポンプ)。

小型トラック・バスに搭載した機械式自動変速機において、変速機のオイルクーラーホースの強度が不足しているため、ホース内の圧力変動によりホースの内側に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ホース内側の亀裂が進行して圧力に耐えきれず、ホースが破損してオイルが漏れ、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。また、漏れたオイルにより、他車の安全な走行を妨げるおそれがある。

燃料装置では、使用過程で紫外線による劣化と製造時の残留応力によって樹脂部に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行して燃料が漏れるおそれがある。

改善措置では、動力伝達装置では、全車両、変速機のオイルクーラーホース(送り側)を対策品に交換する。

燃料装置では、全車両、燃料ポンプの上部樹脂部分にゴム製カバーを追加する。 また、燃料ポンプを点検し、上部樹脂部分に亀裂がある場合は、燃料ポンプを新品に交換する。

リコール対象車の台数は計5万6014台。不具合の件数は動力伝達装置が45件、燃料装置は0件、事故は動力伝達装置で1件、燃料装置はない。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001053939.pdf

最新ニュース