日本郵船/地中海で遭難者257名を救助

2014年09月03日 

日本郵船は9月3日、運航するコンテナ船「NYK ORION」が地中海で257人の遭難者を救助したと発表した。

NYK ORIONは8月27日、スペインのバレンシアからエジプトのポートサイドに向け航行中、マルタ救助調整本部から救助協力要請を受けた。

現場に急行し、遭難船を発見し、27日午後2時50分(現地時間)、257人の遭難者を救助した。救助した遭難者に食事や飲料水を提供し、軽傷を負った人には乗組員が治療にあたった。

その後、28日午後5時47分(現地時間)、257人の遭難者はマルタ島のバレッタ沖で無事エスコートボートへ下船した。

■NYK ORION概要
船種:コンテナ船
管理会社:エヌワイケイ・シップマネジメント社(NYK Shipmanagement Pte Ltd)
船長:フィリップ・カレビック (Filip Kalebic)
船籍:パナマ
船員:24人(船長含むクロアチア人6名、フィリピン人18名)
総トン数:9万8799トン

最新ニュース