日清製粉/鶴見工場に原料小麦サイロ増設

2014年08月28日 

日清製粉は8月28日、川崎市の日清製粉鶴見工場の敷地内に 、収容力2万6000トンの原料小麦サイロを増設すると発表した。

新たに小麦サイロを増設することによって、従来以上に需要に即した原料小麦の確保と保管と安定供給を行っていくとしている。

日清製粉では現在、東灘工場に隣接する連結子会社の阪神サイロが収容力2万トンの小麦サイロの増設を 予定通り進めている。

鶴見工場の小麦サイロ増設と合わせ、日清製粉の関東地区・関西地区の基幹工場で小麦サイロ収容力の増強を進め、原料小麦の安定供給を推進する。

鶴見工場は日本最大の生産能力を有する製粉工場で、大型穀物本船の接岸が可能な自社の専用岸壁と小麦サイロを有しており、大消費地である首都圏と関東・東北へ小麦粉を出荷する臨海大型工場。

■増設概要
増設収容力:2万6000トン(増設後の総収容力13万1000トン、原料小麦ベース)
着工:2015年3月予定
完工:2016年6月予定
投資額 :約35億円

最新ニュース

物流用語集