日本郵船/杉並区の小・中学校教員8名、研修を体験

2014年08月26日 

日本郵船は8月20~21日、経済広報センター主催の「教員の民間企業研修」として、東京都杉並区教育委員会から小・中学校の教員8名を受け入れた。

<研修風景>
20140826nyk1

20140826nyk2

研修は、日本郵船が取り組む環境対策などの座学や不定期船業務に関わるグループワークを通じて海運業を体験するプログラムに加え、日本郵船東京コンテナターミナルの見学や日本海洋科学で最先端の操船シミュレーターも体験。

日本郵船氷川丸を見学してその歴史に対する理解を深めた。

参加した教員からは「小学校高学年で自分の将来を考える『身近なプロフェッショナル』の場などで職業の一つとして紹介したい」「研修を通して、世界を相手に働くということがどのようなことか、その面白さがわかり大変有意義だった」「世界を舞台に活動する企業も一人一人を大切にし、その能力を発揮するための努力や工夫を行っていることを知ることができた」といった感想が寄せられた。

夏休み期間を利用して教員に実際の企業の人材育成、環境問題の取り組みなどについて理解を促進し、その体験を子どもたちに伝えることで今後の学校運営に生かすことを目的に実施されているもの。

最新ニュース