アマゾン/多治見FCで高校生に職業体験プログラム実施

2014年08月19日 

アマゾンは8月18日、岐阜県立多治見北高等学校の1年生15名を対象に一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を多治見フルフィルメントセンター(多治見FC)で実施した。

<ジョブシャドウの様子>
20140819amazon

「ジョブシャドウ」は、若者の社会的適応力を育成する経済教育団体であるジュニア・アチーブメント日本の協力の下、多治見北高等学校の生徒を対象に職業体験プログラムを実施。

生徒1名がアマゾンの社員1名に数時間同行し、各職場の仕組みの違いやスタッフの役割、そしてAmazonが展開しているグローバルビジネスを肌で体験した。

アマゾンでは、2012年の多治見FC操業開始以来、多治見市の協力のもと、地域と連携した取り組みを行っている。

最新ニュース