上組/インドネシアに新倉庫建設

2014年08月18日 

上組は8月12日、インドネシアのグリーンランド工業団地に新会社を設立し、倉庫を建設すると発表した。

<倉庫の完成予想図>
20140818kamigumi

グローバルロジスティクスの強化の一環と、自動車関連貨物を中心に拡大する国際物流ニーズに対応するためで、12月に設立し、延床面積4万㎡の倉庫(倉庫面積9462㎡)を着工、来年10月に営業を開始する計画。

昨年12月に設立したフォワーディングサービスを行う PT.KAMIGUMI INDONESIA との協業を通じて、保管を含めた同国内外向けの効率的な一貫輸送サービスを実現する。

グリーンランド工業団地は、ジャカルタ中心部から東方37kmで、同国のコンテナ貨物全取扱量の約半分を担うタンジュンプリオク港と2020年開港予定のチラマヤ新港からのアクセスに優れている。

日系企業を中心とした新規進出、増産に伴う生産ラインの拡張用地の需要が増していることから、ジャカルタの東部工業地帯の中心となることが期待されている。

■インドネシア新会社概要
会社名:PT. KAMIGUMI LOGISTICS INDONESIA
代表者:梶川 将史
本社:インドネシア西ジャワ州ブカシ県 グリーンランド工業団地
事業内容:倉庫保管業、コンテナ貨物積卸、一般貨物積卸
資本金:USD7,000,000
設立予定日:2014年12月末
営業開始予定日:2015年10月1日

■倉庫の概要
所在地:Greenland International Industrial Center (GIIC)
Kota Deltamas, Desa Sukamahi, Cikarang Pusat, Bekasi,
Indonesia
構造:鉄骨造、平屋建
延面積:40,503㎡(倉庫面積 9,464㎡)
着工:2014年11月中旬
竣工:2015年9月中旬

最新ニュース