ANA/タイ・バンコクに操縦士訓練会社設立

2014年08月08日 

ANAグループは8月8日、タイ・バンコクにジョイントベンチャー(JV)形式で、操縦士訓練会社Pan Am Thailandを設立すると発表した。

<Pan Am Thailand (Assumption Univ.構内)>
20140808ana1

<A320 型機シミュレーター>
20140808ana2

ANAグループは昨年8月、米国マイアミに拠点を置く米国Pan Am社の株式を100%取得し、操縦士訓練事業の展開を本格化していた。

米国Pan Am社のノウハウを活用し、アジア地域で著しい操縦士訓練需要を取り込むために、ANAグループの投資管理子会社SPI社を通じて設立することにしたもの。

市場環境を踏まえた上で、ドンムアン空港(バンコク)を主基地とし、B737-800型機16機を使用して1日約136便を運航するタイ国際航空系列の NOK AIR、飛行経験のない学生を操縦士に育成する航空学科を、近年新たに設立したタイの Assumption University との JV により、操縦士訓練会社を立ち上げ、旺盛な操縦士訓練需要の取り込みを目指す。

Pan Am Thailand は、9月中旬から事業を開始するために開業準備を進めている。

当初はA320型機のシミュレーター1台から事業をスタートするが、両JVパートナーからの訓練受託を基盤としつつ、今後、順次拡大を図り、2015年に、A320型機2台、B737NG型機2台、計4台のシミュレーターによる事業展開を計画している。

最新ニュース

物流用語集