住友倉庫/4~6月の売上高4.0%増、営業利益6.7%減

2014年08月05日 

住友倉庫が8月5日に発表した2015年3月期第1四半期決算によると、売上高409億3700万円(前年同期比4.0%増)、営業利益21億7700万円(6.7%減)、経常利益30億200万円(3.5%減)、当期利益19億3700万円(2.8%減)となった。

物流事業の内、倉庫収入は、貨物保管残高は前年同期並みとなったが、一部荷主の配送センター業務取扱終了により、55億7500万円(0.7%減)となった。

港湾運送収入は、輸入、輸出貨物ともに前年同期を上回る取扱いとなったため、93億6800万円(5.0%増)となった。国際輸送収入は、プロジェクト輸送や航空貨物の取扱いが好調であったほか、一貫輸送も北米、中国、東南アジアを中心に取扱いが増加し、また、為替相場が前年同期と比較し円安となったこともあり、83億7000万円(14.1%増)となった。

陸上運送ほか収入は、前年同期並みの94億8000万円(0.1%減)となった。

結果、物流事業全体の売上高は327億9400万円(4.6%増)、営業利益は21億4200万円(5.3%増)となった。

通期は、売上高1700億円(3.1%増)、営業利益97億円(0.1%増)、経常利益109億円(2.0%減)、当期利益71億円(14.1%増)。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集