川崎汽船/北米西岸ターミナルPorts America社と戦略的業務提携

2014年07月31日 

川崎汽船は7月31日、コンテナ船とターミナル事業の競争力強化に向けて、北米で最大級の港湾運営会社のPA社と戦略的なパートナーシップを結ぶことに合意したと発表した。

川崎汽船の子会社のITS社は、北米西岸のロングビーチ港、およびタコマ港で、これまで40年以上にわたりコンテナターミナルを運営している。

ITS社で培ってきた実績に、全米でターミナル事業を展開するPA社の知見を加える事により、今後一層進むことが予想される投入船型の大型化に対応した、高規格、高機能で、サービス、コスト両面においてより競争力のあるターミナルの整備を行い、北米でのターミナル事業の一層の発展を図ると共に、川崎汽船の基幹航路である北米西岸サービスを支えるより高品質なサービスを提供していく。

これまでコンテナ船ではオークランド港、自動車船ではジャクソンビル港、ニューアーク港、ブルンスウィック港、チャールストン港で、全米で事業を展開するPA社を、港湾運営業者として起用しているが、川崎汽船が保有する、ITS社の株式の一部をPA社に譲渡することで、戦略的なパートナーとして関係を強化する。

■譲渡の内容
子会社の内容:International Transportation Service, Inc.(川崎汽船100%子会社)
譲渡先の名称:Ports America (本社:米国・ニュージャージー州)
譲渡割合:30%
譲渡予定時期:関係当局の承認手続きをもって、2014年8月下旬を見込む

最新ニュース

物流用語集