センコー/ランテックを子会社化

2014年07月31日 

センコーは7月31日、食品輸送のランテックとの間で、資本業務提携を行いランテックを子会社化すると発表した。

ランテックの取締役の過半数をセンコーから派遣するとともに、ランテックが発行する株式の29.8%の譲受及びランテックが発行する株式の17.9%を保有する光輝の譲受により、ランテックの議決権総数の47.7%を取得して連結子会社とする。

量販・小売分野をはじめとする物流ノウハウと、ランテックの持つ定温物流のノウハウを一体化させることで、互いの顧客ニーズを補完し、新規顧客開発が行えると判断したため、資本業務提携を行うことになったもの。

業務提携の内容は、ランテックが永年にわたり築き上げてきた定温輸送でのブランド力を最大限に発揮するため、ランテックの社名、商品名(フレッシュ便)、取引先との関係等を尊重しながら業務提携を推進する。

また、ランテックの持つ冷凍・冷蔵機能を活用することで、3温度帯物流の基盤を確立し、量販・小売業界や食品業界等における顧客の深耕・拡大を図ることで、さらなる市場開拓を進める。

ランテックはセンコーが全国に配置する物流センターや営業基盤を活用することで、冷凍・冷蔵事業でのさらなる営業開拓を進める。また、センコーの国際物流戦略と連携し、海外での冷凍・冷蔵事業の拡大を図る。

■異動する子会社の概要
名称:ランテック
所在地:福岡市博多区古門戸町4-26
事業内容:冷凍食品、チルド食品、生鮮食品等の温度管理輸送、倉庫業、自動車整備業 等
資本金:5億1900万円
設立年月日:1961年4月27日
株主: 髙谷安子22.4%、光輝17.9%、ランテック従業員持株会10.8%
2014年3月期業績:売上高400億5100万円、営業利益16億1300万円、経常利益17億3900万円、当期利益10億9400万円

最新ニュース