ヤマトHD/「まごころ宅急便」がプラチナ大賞

2014年07月23日 

ヤマトホールディングスは7月23日、「第2回プラチナ大賞 最終審査発表会・表彰式」で、ヤマトホールディングスの「地域に密着したヤマト流CSV・まごころ宅急便」が大賞と総務大臣賞に選ばれたと発表した。

<まごころ宅急便の概要図>
20140723yamato

まごころ宅急便は、岩手県西和賀町・大槌町などで実施している、買い物支援と見守りを組み合わせた地域独自の取り組み。

プラチナ大賞は、イノベーションによる新産業の創出や、アイディア溢れる方策などにより社会や地域の課題を解決している自治体や企業などの取り組みを表彰し広く社会に発信し、 更なる広がりに繋げることを目的にした賞。

全国の自治体や企業などによる計58件の応募の中から、1次審査によって選ばれた10団体が最終審査発表会に参加。プラチナ大賞審査委員会が「ヴィジョンの共有」や「マルチステークホルダーの 協働」など7項目のポイントについて審査し大賞・優秀賞を決定した。

最新ニュース