全ト協/2014年度のGマーク、7878事業所の申請を受理

2014年07月23日 

全日本トラック協会は7月22日、2014年度貨物自動車運送事業安全性評価事業として、申請資格要件等をクリアした7878事業所の申請を受理したと発表した。

事業発足から12年目にあたる2014年度は、新規申請として2783事業所(前年度比プラス859事業所)と前年度と比べて大幅な増加件数となった。

増加の要因は、Gマーク認定取得を全社的に進める大手事業者から、まとまった申請があったこと。

更新申請として5095事業所(前年度比プラス1037事業所)と前年度比で大幅な増加件数となったが、今年度は前年度と異なり、3回目更新に該当する事業所の申請があるため。

更新の内訳は、初回更新申請(2012年度新規申請で認定された事業所に係る更新申請)が1864事業所、2回目更新申請(2011度初回更新申請で認定された事業所に係る更新申請)が1853事業所、3回目更新申請(2010年度2回目更新申請で認定された事業所に係る更新申請)が1378事業所となっている。

今後、12月下旬に2014年度安全性優良事業所を認定・公表する予定。

最新ニュース