国交省/2013年度宅配便等取扱個数3.1%増

2014年07月17日 

国土交通省は7月17日、2013年度の宅配便等取扱実績を発表し、宅配便取扱個数は、36億3668万個(前年度比3.1%増)であった。

このうち、トラック運送は、35億9506万個(3.1%増)、航空等利用運送は、4162万個(4.0%増)だった。

航空等利用運送は、「飛脚航空便」、「宅急便タイムサービス等」、「フクツー航空便」と「スーパーペリカン便」の4便で全体の42.5%を占めている。

2012年度と同様にインターネットなどを利用した通信販売に係る商品開発による需要の拡大や、各社の営業努力による新規需要開拓などにより前年度を上回った事業者もいたことから、全体の実績として増加となっている。

最新ニュース