オリックス/韓国の大手総合物流会社「現代ロジスティクス」に出資

2014年07月17日 

オリックスは7月17日、韓国の大手総合物流会社のHYUNDAI LOGISTICS(現代ロジスティクス)に出資すると発表した。

オリックスは、現代ロジスティクスの株主の1社であるHYUNDAI MERCHANT MARINE COMPANY LIMITEDとともに設立する特別目的会社(SPC)を通じて、現代ロジスティクス株式の88.8%を約6000億ウォン(約600億円)で取得する。

オリックスは、韓国の事業会社を戦略的パートナーとして選定した上で、このSPCが発行する全株式の70%にあたる転換条項付き優先株を約2400億ウォン(約240億円)で共同で引き受ける予定。

30%にあたる普通株を現代商船に対して発行するとともに、金融機関からノンリコースローン(責任財産限定型ローン)を調達する。

なお、現代ロジスティクスは、韓国大手財閥である現代グループの物流事業会社として1988年より事業を開始し、現在では韓国の3大総合物流会社として、宅配、3PL、国内外のフォワーディング(輸送)を主要事業として展開している。

特に宅配事業では、国内各地に総合物流センターを設け、インターネット・通信販売市場で拡大する宅配需要を取り込み、現在では売上の約1/3を占める安定的な収益事業に成長している。

現代グループ企業やその顧客基盤をもとに、近年海外事業も高い伸びを示しており、今後も成長が期待されているという。

■現代ロジスティクス概要
会社名:HYUNDAI LOGISTICS CO.,LTD.
本社所在地: Hyundai Group B/D,1-7,Yeonji-dong,Jongno-gu,Seoul
設立日:1988年6月
事業内容:宅配事業、国内向け物流受託サービス、3PL事業、貨物運送事業(航空・海運)、港湾運営事業、海外事業

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集