センコー/北海道の物流会社2社を子会社化

2014年06月20日 

センコーは6月20日、北海道の選別・物流の三協物流荷役と同社の関連会社である三協ロジスティクスの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

三協物流荷役と三協ロジスティクスは、北海道の十勝・帯広地区で生産される農産物と、雑穀類の洗浄・選別・梱包・出荷などの作業から輸送までを一貫して行っており、主に「十勝帯広のブランド農産物」を市場供給する帯広大正農業協同組合(JA帯広大正)の生産センター内で、これら業務を一括受託している。

センコーでは、三協物流荷役と三協ロジスティクスが保有するノウハウとセンコーの物流ネットワークを融合させ、農産品の選別や各種加工から輸送までを一貫して行う新たな物流サービスを展開するとともに、北海道発取り扱い物量増のスケールメリットを生かし、顧客の物流効率化に取り組む。

■三協物流荷役
名称:三協物流荷役
本社所在地:北海道河西郡芽室町東芽室北一線18
資本金:1000万円
設立:1978年11月20日
事業内容:農産物及び雑穀類の輸送・配送
従業員数:社員21名

■三協ロジスティクス
名称:三協ロジスティクス
本社所在地:北海道河西郡芽室町東芽室北一線18
資本金:300万円
設立:2005年5月17日
事業内容:農産物及び雑穀類の選別梱包
従業員数:社員18名、アルバイト・パート153名

最新ニュース