日本ハム/85億円投じ、セブンイレブン向けに2工場

2014年06月06日 

日本ハムは6月6日、グループの、プレミアムキッチンが、セブン-イレブン・ジャパン向けにサンドイッチ、サラダ、デザートなどチルド商品を生産する関西工場を竣工したと発表した。

<関西工場 外観>
20140606nichiham1

<中部工場 完成イメージ図>
20140606nichiham2

2015年4月(予定)には、三重県桑名市に中部工場を竣工し、セブン-イレブン・ジャパン向けに、おにぎりや弁当等の生産を行う。

2工場は、約85億円を投じ最新設備を導入、新規性の高い開発も行いながら、質の高い、安全・安心な商品を提供するとしている。

■概要
関西工場
工場名称:プレミアムキッチン 関西工場
所在地:兵庫県小野市匠台19
敷地面積:1万2739㎡
延床面積:8750㎡
従業員数:正規従業員50名、パート・アルバイト360名(2014年6月現在)
生産品目:調理パン、軽食、惣菜、デザート等
製造数量:8万食/日(初年度予定)
供給エリア:兵庫県、大阪府西部

中部工場
工場名称:プレミアムキッチン 中部工場
所在地:三重県桑名市陽だまりの丘6-109
敷地面積:2万656㎡
生産品目:おにぎり、弁当、寿司
製造数量:13万食/日(初年度予定)
供給エリア:三重県、愛知県

最新ニュース