日本電産/100億円投じ、インドに新工場

2014年06月04日 

日本電産は6月4日、子会社のインド日本電産がインドのラジャスタン州にあるニムラナ工業団地へ新工場を建設すると発表した。

<第一期と第二期完成イメージ インド日本電産新工場完成予想図>
20140604nihonden

インドのモータ需要を満たすために、第1段階では車載事業本部、汎用モータ事業本部、グループ会社である日本電産テクノモータが生産を開始する。

複数事業本部の同時進出による生産インフラの共用化、設計の現地化、今まで培った内製技術とローコスト・オートメーションなど低コスト生産ノウハウをフルに生かした内製化を三本柱に、インド国内だけでなく中東などへの輸出も視野に入れたビジネスを展開する。

■インド新工場の概要
社名:Nidec India Private Limited(インド日本電産)
事業内容:車載及び家電・商業・産業用モータの製造、販売
建設及び設備等の総投資額:約100億円
新工場建設地: ラジャスタン州ニムラナ工業団地(ニューデリー市から南に約100km)
人員規模:1500人(第二期工事完了後は5000人)
敷地総面積:12万1410㎡
工場棟:鉄骨造、事務棟: 鉄筋コンクリート造
第一期棟延床面積:1万5820㎡
第二期棟延床面積:約1万6000㎡(時期未定)
第一期棟着工:2014年5月
第一期棟完成:2015年3月予定
生産開始:2015年4月予定

最新ニュース