SBSゼンツウ/食品物流拠点に川口営業所開設

2014年05月29日 

SBSゼンツウは5月29日、新たな食品物流拠点として川口営業所を開設し、5月31日から業務を開始すると発表した。

<外観>
20140529sbs1

<センター内部(冷蔵庫)>
20140529sbs2

浦和営業所では、生協向に冷凍・冷蔵食品などの入出荷、青果物の小分け加工、顧客のセンターやデポへの配送などを行ってきたが、手狭になってきたため、埼玉県川口市内の施設を賃貸し、川口営業所として開設する。

川口営業所は、首都高速や東京外環道に約10分でアクセスできる立地で、浦和営業所と比べ、物流センターの延床面積は約2倍、冷蔵庫2倍、冷凍庫は6倍の規模拡大となる。

定温機能付き前室や最新の温度管理システム、ドッグシェルター19基など3温度帯食品物流拠点として十分な機能を備えている。

SBSゼンツウは、川口営業所を3温度帯食品物流の共同配送拠点として位置づけ、首都圏各地に納品される食品メーカーを中心とした新たな顧客の獲得をめざしている。

■川口営業所施設概要
名称:SBSゼンツウ 川口営業所 所在地:埼玉県川口市緑町 6-1
稼働日:2014年5月31日
事務所棟:372㎡(3階建)物流センター
1階 冷凍庫854㎡、冷蔵庫866㎡、前室312㎡、合計2032㎡
2階 冷凍庫854㎡、常温室866㎡、合計1720㎡
従業員数:正社員約50名(ドライバー含む)、パート約20名
車両数:38台(保冷仕様)
設備:EV2基、ドッグシェルター19基、インタンク(最大2万キロリットル)、監視モニター9台

最新ニュース