日本郵船/スペイン向けLNG輸送に参画

2014年05月27日 

日本郵船は5月27日、ティーエス・シッピング・インベスト社(TSSI)と新造LNG船2隻を共同保有すると発表した。

保有比率はTSSI50%、日本郵船50%。

新造LNG船は2016年下期に竣工予定で、ガスナチュラル社向けの長期用船として20年間投入。

LNG船の保有を通じて、シャトルタンカー事業のパートナーであるクヌッツェングループとの関係を一層強化するとともに、欧州最大のLNG輸入国であるスペイン向けLNG輸送へ参画する。

新造LNG船には船舶用電子制御式ガス・インジェクション・ディーゼル機関(ME-GI)が搭載され、燃費効率の向上により二酸化炭素の排出量削減が見込まれる。

■LNG船の概要
積載容量:約17万6000立方m
全長:約290m
全幅:46.4m
主機関:ME-GI
造船所:現代重工業(韓国)
竣工予定:2016年下期

最新ニュース

物流用語集