日清製粉/100億円投じ、福岡工場完成

2014年05月27日 

日清製粉は5月27日、福岡市臨海部に新工場が完成し本格稼働を開始したと発表した。

<完成した福岡工場>
20140527nisshin

福岡工場は、日清製粉が創業以来114年に亘って培ってきた製粉技術を結集した最新鋭の工場。臨海部に位置する福岡工場の稼働に伴い、内陸部の筑後工場(福岡県筑後市、2014年4月閉鎖)、鳥栖工場(佐賀県鳥栖市、2014年6月閉鎖予定)からの生産集約による生産性向上を実現し、九州地区の顧客へこれまで以上に安定的かつ効率的に小麦粉を届けられる。

臨海部に位置する福岡工場は、最適な立地。九州地区で使用される輸入小麦は全て博多港で吸揚げされ、福岡工場はその博多港のメインバースに位置している。直接、大型船を接岸することができるため、原料小麦を効率的に調達できる。

高速道路の入口近くに立地しているため、顧客へ効率的に小麦粉を届けることのできる環境にある。

■福岡工場の概要
工場名:日清製粉 福岡工場
所在地:福岡県福岡市中央区那の津4-2-1(博多港須崎埠頭)
総工費:約100億円
設備能力:1日当たり小麦挽砕能力 550トン(2ライン)
小麦粉サイロ収容力:5000トン
立体自動倉庫収容力:21万袋(5250トン、1袋=25㎏)

最新ニュース

物流用語集