日本郵船/米・上院議員が次世代型エコシップを訪船

2014年05月26日 

日本郵船は5月26日、米国のシェルドン・ホワイトハウス上院議員が米国ロードアイランド州デイヴィスヴィル港のクォンセット・ビジネス・パークで5月19日、自動車専用船「アウリガ・リーダー」を訪船したと発表した。

<記念プレートを持つ「アウリガ・リーダー」船長ダン・ボデアと夫婦で訪船したシェルドン・ホワイトハウス上院議員>
20140526nyk

「世界初の太陽光エネルギー船」として知られる日本郵船運航の「アウリガ・リーダー」はデッキ上にある328枚の太陽光パネルにより再生可能エネルギーを動力源の一部として使用することができる次世代型エコシップ。

訪船したホワイトハウス上院議員は「再生可能エネルギーの技術は、ロードアイランド州での化石燃料への依存を減らす助けとなっている。太陽光エネルギーを使用する革新的技術を見ることができてうれしく思う。このような投資はいずれ私たちの経済や環境への利益となる」と述べた。

「アウリガ・リーダー」のダン・ボデア船長には、ホワイトハウス上院議員が立ち会う中、クォンセット・ビジネス・パークを運営するクォンセット・デベロップ社から、「再生可能エネルギーを使用した革新的技術力」をたたえた記念の盾が授与された。

日本郵船グループは中期経営計画 「More Than Shipping 2018」に掲げた「きらり技術力」を推進、今後も革新的な環境技術の開発・導入に挑戦し、地球環境保全のために先進的な取組みを継続していくとしている。

■アウリガ・リーダー概要
全長:199.99メートル
全幅:32.26メートル
型深:34.52メートル
最大積載自動車台数:6200台
載貨重量トン数:1万8758トン
総トン数:6万213トン

最新ニュース

物流用語集