川崎汽船/米国ロングビーチ港湾局から環境負荷低減で表彰

2014年05月22日 

川崎汽船は5月22日、米国ロングビーチ港湾局から2013年の沿岸海域での環境負荷低減に向けた「グリーンフラッグプログラム」と「グリーンシッププログラム」への取り組みが評価され、「エンバイロメンタル・エクセレンス・アワード」の表彰を受けたと発表した。

「グリーンフラッグプログラム」は、沿岸海域での大気汚染防止のために同港に寄港する船舶に対して、付近の洋上でスピードを12ノット以下まで減速し、船舶からの排気ガスを抑制するプログラム。

川崎汽船は2013年の1年間に入出港58隻、延べ303回の通航で同プログラムに参加し、付近40マイル以内の海域を対象として参加した船社の中でも最多の通航隻数で完全実施(実施率100%)を達成した船社として最高の評価を受けた。

「グリーンシッププログラム」は排気ガスに含まれるNOx(窒素酸化物)の排出が少ない船舶の同港への寄港を奨励するプログラムで、川崎汽船は2013年の1年間、同港への出入港4隻、延べ9回の対象船舶の寄港が評価された。

両プログラムとも同港沿岸での大気汚染防止の為に同港港湾局が船会社へ自主的な協力を求めているもの。川崎汽船は、「グリーンフラッグプログラム」では、9年連続の受賞となり、「グリーンシッププログラム」では初受賞となった。

最新ニュース

物流用語集